抜け毛の予防に、育毛剤は、有効なんだそうです。

女性の薄毛の症状として、「慢性休止期脱毛」と呼ばれる症状が、あるんだそうです。
これは、ヘアサイクルと呼ばれる毛周期の中の、「休止期」という時期が、長くなってしまうことで、生え変わるべき毛が、順調に育たず、全体の本数が減ってしまうことなんだそうです。
(今のところ、その原因は、特定されていないらしいです。)

もう一つの症状として、「女性男性型脱毛」で、男性のAGAに対して「FAGA」というんだそうです。
遺伝的な要因が、大きいとされていますが、更年期のころに差し掛かると、急激に女性ホルモンが、減少してしまい、相対的に男性ホルモン優位になってしまい、その影響で、髪の毛の製造工場である毛母細胞の活動が低下してしまって、毛周期の中の「成長期」が、短くなってしまって、髪の毛が薄くなってしまうんだそうです。
女性の薄毛で悩む人の約半数が、このFAGAではないかと、言われているんだそうです。

これらの「慢性休止期脱毛」も「女性男性型脱毛」も、加齢や遺伝からくることが原因になっている可能性が高いらしいのですが、ただそれらの原因だけとも限らないんだそうです。
なんらかの要因が、加齢や遺伝に、重なることで、それが、引き金になって、症状が出てくるのではないかと、言われているらしいです。

ただ、若いうちから、日常的なケアを行うことで、その進行を遅らせたり、予防したりすることは、可能だとも、言われています。
その一つの方法が「30歳を過ぎたら、育毛剤を、美容液と思って」使うことなんだそうです。

最近は、女性向けの育毛剤も、種類が増えてきているので、若い女性でも、手に取りやすくなってきているので、そういった商品を、積極的に使うことが、将来的な抜け毛や薄毛の予防になると、言われているんだそうです。

こちら⇒女性育毛剤【花蘭咲】