抜け毛に季節が、あったなんて・・・
知らなかったでは、済まされないかもしれないですね。
その無知のせいで、薄毛になってしまっていたとしたら。

その季節は、「秋」なんだそうです。
夏に、受けた頭皮や髪のダメージが、時間をおいて、秋にやってくるということらしいです。

夏のダメージとは。
「紫外線」、「冷房」、「海」、「湿度」なんだそうです。
どれも、思い当たる節ばかり・・・

紫外線は、髪の大敵なんだそうです。
なんと髪へのダメージとしては、肌にかかるダメージの4倍から5倍に、なっているんだそうです。肌よりも、髪にダメージがいっていたなんて。
肌には、紫外線対策っていことで、クリームを塗ったりしますが、髪には・・・何もしてないっていう人って、多いと思います。
UVカットスプレーを、忘れずにしましょうっていうことですね。

また、頭皮でかいた汗が、紫外線を浴びると、酸化してしまうんだそうです。
酸化すると、そこで、汗が固まってしまうんだそうです。
この固まった汗が、抜けてしまう原因になってしまうケースもあるんだそうです。


冷房も、髪にダメージが、来るんですね。
エアコンの風で、髪が乾燥してしまうんだそうです。
この乾燥のせいで、枝毛とか切れ毛ができてしまうんだそうです。
また、この冷房の風で、体が冷えることで、血流が悪くなってしまうっていことも、あるんだそうです。

海も。
確かに、潮風とか、海水って、塩ですからね。
髪の毛の色が、脱色してしまったり、パサパサになったり、ギシギシしたり・・・枝毛や切れ毛の原因になってしまうんだそうです。
とはいえ、やっぱり、夏は、海とか行きたいですよね。
そんな時は、できるだけ早くシャワーを浴びて、塩分を洗い流すことが大切なんだそうです。
もし、傷みがひどいようなら、トリートメントで、いたわるといいんだそうです。

湿度も、大敵なんだそうです。
とりもなおさず、汗ですよね。
汗と湿気で蒸れ蒸れの頭皮に、雑菌が繁殖してしまって、いやなニオイとかが、発生したり。
炎症を起こしてしまって、抜けてしまう原因に、なってしまうんだそうです。
できるだけ放置しないで、シャワーとかを浴びて、洗い流すようにするといいんだそうです。