抜け毛対策には、どんな食べ物を、食べているかが、大切なんだそうです。


抜け毛対策には、食べ物が、とても大事なんだそうです。

言われてみると、当たり前かも。

何を食べるかによって、健康になったり、不健康になったり。

生活習慣病って、まさに、そこですから。


先日、テレビを見ていたら、薄毛や抜け毛のコーナーがあって、

その中で、お医者さんが、「アスタキサンチン」っていう成分を摂取するといいって、おっしゃっていました。


※アスタキサンチンは、「疲労や老化の原因と言われている活性酸素を抑制してくれる抗酸化作用が、高い」んだそうです。
人間の肌にも、その効果は影響していて、もちろん、頭皮にも、同じように、良い効果が期待できるんだそうです。
マウスの実験では、2週間実験したところ、発毛に大きな違いが見られたんだそうです。


このアスタキサンチンを多く含有している食品の一つに、サーモンがあるんだそうです。

あの「鮭」ですよね。

鮭を食べればいいっていうことらしいのですが、
ただ、食べているだけでは、非常にもったいないんだそうです。

まず、鮭の種類。

一番アスタキサンチンの含有量が多いのが、紅鮭なんだそうです。

(もともと白身の魚である鮭が、赤くなるのは、アスタキサンチンの量の多少によってなんだそうです。
アスタキサンチンの量が多いほど、赤いということが、鮭に関しては、言えるんだそうです。)


※マグロとかカツオが赤いのは「アスタキサンチン」ではないっておっしゃっていました。


紅鮭を食べればいいということになるのですが、

ここでもポイントが。

アスタキサンチンは、油に溶けてしまう性質があるので、

焼いたり、蒸したり、煮たりしてしまうと、どんどん溶け出して行ってしまうんだそうです。

そのため、小麦粉で表面をまぶして、ソテーをして食べるのが、一番効率的な食べ方なんだそうです。

小麦粉で表面をコーティングすることで、アスタキサンチンが溶け出す量が、少なくなって、より多く摂取することができるんだそうです。

これから、小麦粉を買ってこようと思います♪