抜け毛の本数は、気になりますね。
お風呂場の排水溝に、ゴッソリたまった髪の毛を見て、悲鳴を上げながらも、
本数を丹念に数えている自分に、ふと気づくときって、ありませんか。
怖い物見たさというか、なんというか、切なさにも、あきらめにも、似たあの気持ち。

通常は、ヘアサイクルというものが、働いているので、抜けていってしまう毛があれば、生えてくる毛があって、本数の辻褄が、あっているものなんだそうです。
そのサイクルの中では、1日当たり平均して50本から100本程度は、抜けるのは、当たり前なんだそうです。

排水溝の髪の毛を、丹念に数える作業は、そのサイクルの中にあるのか、否かの判断材料にも、なるんですね。

また、AGAと呼ばれる男性型脱毛症かっていう判断は、マイクロスコープなどで、大きく映して、「10本、生えているうちの、2本が、ほかよりも明らかに細い毛の状態になってしまっている場合」に、そうだっていう風に判断されるんだそうです。
(うーん、なんとなくですが、「見た目」で、わかりそうですよね。
でも、「見た目」だと、相当進行してから、わかるよねっていうことになりますね。
ということは、早期発見、早期治療っていう観点からすると、
そうなる前に、治療や手立てをすることが、大事っていうことになりますね。)
こちら⇒Harg療法ならエルクリニック
早期発見、早期治療、早期完治を、目指すのなら、やはり、専門の医療機関で、受診をして、判断をしてもらうのが、一番の近道だと思います。