更年期に抜け毛が増えて、それが悩みになる女性が、多いんだそうです。

女性ホルモンの分泌のピークは、20代。
その後、徐々に下り坂になって、急激に減少してしまうのが、更年期と呼ばれる45歳から55歳の年代。
この急激な変化が問題なんだそうです。
当然、ホルモンのバランスが崩れた状態になって、体の中で、弱い部分、または、なくなっても命に別状がない部分に悪影響が、現れるんだそうです。
その部分には、個人差があって、それが、髪の毛に現れてしまったのが、抜け毛や薄毛なんだそうです。

女性ホルモンが、急激に減少したっていうことで、それなら、女性ホルモンを補給すれば、いいっていうことで、イソフラボンとかを摂取しましょうっていうことになるのですが。
ただ、それだけだと、なかなか髪の毛まで、栄養が行き渡らないらしいんだそうです。

そこで、ミノキシジルっていう薬なんだそうです。
この薬は、女子男性型脱毛症(FAGA)っていう症状に効果があるんだそうです。
薬局とかでも、手に入れることができる薬なので、積極的に活用できると、いいそうです。